事業者ローンの金利について

事業者ローンは、事業者向けの融資を行っているローン商品のことですが、事業者ローンといっても銀行系と貸金業系(ノンバンク)の2つにわかれます。いずれも消費者金融と同様で、一定の融資枠を設定し、その融資枠内であれば自由に資金を借りることができるため、特に事業者にとっては有益な存在で、事業拡張時の資金調達や決算期の資金繰り、またつなぎ融資といったものなどに使われています。一方で事業者ローンはその利便性の性質から金利が高めに設定されています。そのため短期での借り入れが基本になります。事業者ローンの金利は、消費者金融と同様に銀行の方が低めで貸金業の場合には高めに設定されていますが、この金利の違いは同時に審査基準に比例しており、高いほど審査に通りやすい傾向にあります。なお、その利率に関してはは貸金業のものであれば18%を上限として設定されます。融資金額に関しては業者によってことなり300万円の場合もあれば1000万円まで借りることができるものがあります。一方で銀行の場合にはその事業者の信用度におうじて設定され、最大1億円まで融資可能なものもあります。ただし、銀行の場合には審査基準がきびしく創業年数が短い会社や営業規模が小さい会社の場合には利用できないケースもあります。日頃から取引を行っている場合には、会社の実情も分かっているので比較的スムーズに審査を行ってくれますが、そうでない場合には審査に時間が掛かります。

資金繰りに役立つ事業者ローンとは

ビジネスを行う人にとって頭の痛い問題が資金繰りです。うまく回ればいいですが、そういうわけにもいきません。そこで、資金が足りないという時には事業者ローンを利用してみましょう。事業者ローンとは文字通り、事業者に向けた事業資金のローン商品で、ビジネスローンと呼ばれることもあります。融資対象者は各社によって異なりますが、満20歳~満65歳までの個人事業主としています。業歴1年以上に設定しているケースが多く、原則として使途は事業資金ですが、自由にしているところもあるようです。銀行、消費者金融、信販会社などの金融会社が提供しており、各業者によって融資基準は異なるでしょう。公的機関でも融資をおこなっているので、金利面を考慮するのなら公的資金、銀行、貸金業者の順で検討するのがおすすめされています。ただ、貸金業者が提供する事業者ローンとは融資が早いのが特徴です。保証人や担保無し、融資条件がゆるく、融資までの時間が早いので、すぐに資金が必要という場合には便利でしょう。また、総量規制の対象外になっているので年収に関係なく借り入れすることができます。金利が高め、融資限度額が低めというネックはありますが、個人事業主が利用する資金としては十分な金額を借りることが可能です。また、早期返済を心がければ金利は負担になりません。事業者ローンとは中小企業や個人事業主をサポートするための商品ですので、使途をよく考えて利用するようにしてください。

即日で利用できる事業者ローンは

事業者ローンはビジネスローンとも呼ばれ、個人事業主や中小企業をサポートするためのローン商品のことです。仕組みとしては消費者金融と似ており、あらかじめ信用審査を行い、その信用力に応じて融資枠を設定するというものです。また事業者ローンでは消費者金融と同様に無保証人、無担保で利用することができます。(額が額なので在籍確認無しというワケにはいかないかもしれませんね)このため契約さえ結んでいれば即日でその融資枠内の資金を借り入れることができ、急ぎで事業拡大のための資金調達や決算時期の資金繰りといったものに迅速に対応できるメリットがあります。事業者ローンを提供しているものとしては、銀行とノンバンク系がありますが、銀行の場合には金利が低いものの信用審査が厳しく融資が利用可能まで時間が掛かります。一方でノンバンク系は消費者金融と同様に即日審査に対応しており、場合によっては即日融資も可能です。ノンバンク系であれば審査がはやいですし、申し込みに必要な書類も銀行よりも少ないメリットがあります。このため信用力で劣る個人事業主や中小企業にとっては利用可能な資金調達方法といえます。またノンバンク系では総量規制の対象となっていますが、事業者ローンはその対象外となっています。これは個人の収入ではなく事業の収入が審査の対象となるためです。なおノンバンク系のデメリットとしては、金利が高いことで、上限金利を18%としているところがほとんどです。そのため短期の借り入れといった目的で利用するのが無難です。

事業者ローンの必要書類について

事業者ローンを申し込むための必要書類は業者によって異なりますが、確実にいるのは「本人確認書類」です。「免許証」「保険証」「パスポート」などで、これはどの事業者ローンでも要求される必要書類です。これらがあれば名前や住所を確認できるので、それを基に借入の状況などをチェックすることができます。何社からも借り入れていたり、長期の延滞があったりすると、審査を通過するのは難しくなります。また、個人事業主が個人の借り入れを調べられるのは当たり前ですが、法人の経営者でもチェックされます。法人に貸し付ける場合、経営者が連帯保証人になることが多いからです。次は、「収入証明書」。これは、事業者ローン会社によっては必要書類に含まれないこともあります。特に、個人事業主は確定申告書が収入証明の代わりになるので、用意しなくてもよいことが多いようです。これは、申し立てた収入が正しいかどうかをチェックするための物です。ですから、これ自体が審査の可否に直接関わってくるわけではありません。そして、「決算書(個人の場合は確定申告書)」。この内容を見てスコアリングを行い、審査の可否を決定します。決算書は、いうなれば会社の成績表のような物ですから、審査の可否に最も大きく関わる書類といえます。たいていは2期分の決算書を要求されますが、1期分だけでよいという所もありますし、決算書に代えて独自のフォーマットへの記載を要求する所もあります。

銀行で事業者ローンを借りる

事業をする上で、事業を展開していく為の資金が必要になります。事業者が融資を受ける為には、融資サービスを探す必要があります。事業者向けの融資サービスとしては、銀行の事業者ローンや消費者金融会社のビジネスローンなどがあります。どのローンを使うかは、会社の規模や実績などによって変わってきます。銀行の事業者ローンを借りる場合には、審査において事業計画などが求められます。銀行の事業者ローンを通過するには、事業計画をしっかりと立てて、利益を継続的に出していけるという事を強調しなければいけません。審査する側が納得出来るような内容を生み出す事によって、事業者ローンの審査を通過し、事業に必要な資金を得る事が出来るようになります。事業者ローンは、金融機関によって金利が異なりますので、返済の事を考えて、金利が低い所から順に申し込みを行っていくのが良いでしょう。ビジネスローンは、主に事業に関する事に使う事が出来る融資ですので、事業計画の内容は深く問われる可能性が高いです。一方で、事業計画がしっかりとしている場合には、融資を受けられる可能性が高くなります。個人向けのカードローンと違って、融資で借りるお金は高額になりますので、金利が低ければ低いほど、返済がしやすくなります。期日までに返済しないと、延滞金などが加算されて、余計に返済しにくくなりますので、期日には確実に返済を行って、事業展開を行っていく事が大切です。

事業者ローンと総量規制について

事業者ローンとは、金融会社が提供する事業資金目的で借りることできる融資商品です。与信審査に通過できた満20歳以上の個人事業主に対して融資が行われます。最近では事業者ローンの即日融資も少なくはなく、ローンカードの発行でCDやATMから気軽にお金を引き出して必要な金額を借りることができるのが特徴です。そのため、多くの個人事業主の方が利用しています。総量規制とは、年収の3分の1以上の貸付を禁止した制度です。例えば年収100万円の人は約30万円まで、年収500万円の人は約160万円までの借り入れしかできません。これは債権者1社あたりの規制ではなく、全ての債権者を合わせた規制なので年収が低い人は融資制限が厳しくなるでしょう。しかし、総量規制は全ての融資に適用されるわけではありません。これは貸金業者に対する規制であり、また、債務者が有利になる借り入れには適用しないとしています。つまり、消費者金融などの貸金業者のみに対して制限があり、銀行などの金融機関からの融資には影響しません。さらに、貸金業者からの借り入れであっても、債務者にメリットが大きい借り入れには影響はしません。上記を踏まえて、事業者ローンは総量規制の対象外となっています。よって、年収の3分の1を超える融資でも受けることができるでしょう。ただし、もちろん審査に通過できたらの話なので、規制を受けないからと言って融資が一様に受けられるわけではないので注意してください。